大阪市北区で遠赤外線を併用した鍼灸治療が好評です。

仲 鍼灸院


特殊療法(1)DRT <脳神経伝達システムの改善と血液循環の促進>

DRT (Double-Hand Recoil Technique) ダブルハンド リコイル テクニックとは、

人間の体に起こる様々な症状(肩こり、腰痛、不定愁訴などの自律神経症状)は、頭の骨と首の骨の微妙なズレが長年続くことによって起こります。そのズレを修正する施術法です。

これは、東京お茶の水カイロプラクティックの上原宏先生が、アメリカのカイロプラクティック大学で、頚椎専門に勉強され、帰国後、30年の臨床研究の結果、開発された手技です。
そして、上原先生は、30年間で延べ13万人以上の患者をこの手技で救って来られました。
患者さまの身体に一切負担をかけず、安全で実に効果の高い治療法です。
現在、全国の沢山の治療院で採用され驚くべき実績、症例報告が続いています。


DRTベーシック①-6SCN2433.jpgのサムネイル画像bnr_advance01.png






施術の方法としては、患者さんの身体には一切負担をかけず、

1、背骨をを一定の法則で、軽い揺動(揺らす、リコイル)を約600回与えることによ
って、人体の大黒柱である脊柱のズレを矯正すると同時に脊柱の柔軟性を取り戻します。

2、その結果、「脳への血液循環」を改善。


3、壊れた「脳への神経伝達」をスムーズにし、「脳の自己管理能力」を回復 させます。

4、それによって、肩こり、腰痛などの一般症状や、自律神経系統をはじめとする様々な症状を改善させます。

ベーシック認定額縁.jpgDSCN2499.JPGのサムネイル画像
詳しくは、DRT もしくは、お茶の水カイロプラクティック で検索していただきますと、どういうものか良くお分かりいただけると思います。

この療法だけでも独立した治療法で、十分効果が認められますが、当院の鍼灸治療と併用することにより、更に効果の倍増が期待されます。
しかしながら、慢性の腰痛、肩こりを含め、自律神経症状などは、昨日今日から発生したものではなく、長い間の不自然な姿勢、仕事関係、人間関係などのストレスなどの結果発症したもので、1回や2回の施術で改善するものではなく、続けることが大切です。


また、この療法は最近、全国の整体院やカイロプラクティック専門院で採用されていますが、
大阪市内の鍼灸院で、DRTインストクターとして、この療法を取り入れ、治療実績をあげているているところは、今のところ当院だけです。
bnr_demo01.png
 

仲 鍼灸院のご案内

住      所:
〒530-0031大阪市北区菅栄町10-8
アクセス:
地下鉄阪急「天神橋筋六丁目」駅から2分、JR環状線「天満」駅から4分
お問い合わせ・ご予約
06-6352-2513
受付時間:
午前 9:30~12:30 
午後 14:00~19:00(土曜日は17:00まで)
木曜日は午後一時から受付(午前中は休み)
定休日:
木曜午前・日曜日 ※祭日は予約制

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ