大阪市北区で遠赤外線を併用した鍼灸治療が好評です。

仲 鍼灸院


第3回DRT<ダブルハンド リコイル テクニック>全国集中セミナー受講してきました。

DRT(ダブルハンド リコイル テクニック)とは、
後頭骨と上部頸椎(すなわち頸椎1番2番)の微妙なズレが長年続くことによって、頚椎から腰椎にかけて脊椎の起立状態を維持する、いわゆる脊柱起立筋に微妙な負担が長年かかることによって起こる様々病的状態や症状を軽減もしくは解決する方法で、西洋医学では手の施しようのない症状を軽減解決する施術法で、小生の専門とする東洋医学鍼灸治療と同時にの強力な補助療法の一つとして研究採用している方法です。
第3回DRTセミナー(1).jpg 昨年8月、11月に続いて開催されました、DRT全国集中セミナーの第3回セミナーが、全国主要都市のインストラクター治療院で人数限定で今月(5月)22日、全国一斉に開催されました。
昨年8月の第1回セミナーは、近江八幡市の静野インストラクター、11月の第2回セミナーは、京都市の小村インストラクター、今回の第3回は、兵庫県赤穂市の和田インストラクターの指導で、4時間みっちりしごかれてきました。
いつものことながら、出席するたびに、新しい発見があり、またもや自信を得ました。


第1回の静野先生は整体師、第2回の小村先生は柔道整復師、今回の和田先生は小生と同じ鍼灸師。
和田先生は、全国のDRTインストラクターの中でも数少ない鍼灸師であり、今回はセミナー本部に頼み込んでこの先生を指名させていただきました。
 その理由は、二つあります。
一つは、小生も鍼灸師であり、大阪市内の鍼灸院でこのDRTを実践しているのは、おそらく当院だけで、和田先生もおそらく赤穂市内でもまた、ひょっとすると兵庫県内でも、DRTを採用されている鍼灸師は和田先生だけかもしれません。
時間があれば、DRTだけでなくお互いの鍼灸治療の中でいろいろと情報交換もしたかったのですが、残念ながらその時間はありませんでし
た。
赤穂駅にて.jpgDRTセミナー受講証.jpgもう一つの理由は、小生は中学時代から忠臣蔵が大好きで、当時赤穂浪士の名前をほとんど覚え、また、成人してからは忠臣蔵に関する資料を読み漁り、赤穂城跡を2回訪問し、また四十七士の埋葬されている泉岳寺にも2度行きました。今回も時間があれば赤穂城跡も行きたかったのですがその時間は全くありませんでした。

帰り道、赤穂駅に行くまでの道すがら、四十七士の辞世の句が彫りこまれた石碑も感慨深げに読んできたことだけでもうれしかったです。
また、帰りに赤穂駅でうどんを食べようと、店の椅子に座ったところ、頭上に赤穂浪士の裏門隊、表門隊の名前が書かれたのれんがかかっており、若いころ覚えた47士の名前を懐かしい思いで見つめながら、うどんを賞味しました。
そんな赤穂市内でDRTのセミナーが受けられたことも喜びのひとつです。
和田先生、今回は本当にありがとうございました。

講師の和田先生(前列中央)後列中央が小生。(小生は大阪からですが、兵庫県豊岡市、また広島県、島根県の方からも参加しておられました。皆熱心です)

ついでながら、セミナーの翌日、たまたまギックリ腰の患者(初診、女性50歳)が来られ、鍼灸治療の前に前日注意された点を思い出しながらDRTで施術、その直後、約50%疼痛が減少、その後、小生の鍼灸治療でとどめの仕上げ、疼痛は70-80%良くなり、帰宅されました。(これが、DRTのベテラン先生であれば、鍼灸なしでもっと効果を上げておられたでしょう。もっと勉強しなくては、と思いました。)



更新

<< 前の記事 次の記事 >>

仲 鍼灸院のご案内

住      所:
〒530-0031大阪市北区菅栄町10-8
アクセス:
地下鉄阪急「天神橋筋六丁目」駅から2分、JR環状線「天満」駅から4分
お問い合わせ・ご予約
06-6352-2513
受付時間:
午前 9:30~12:30 
午後 14:00~19:00(土曜日は17:00まで)
木曜日は午後一時から受付(午前中は休み)
定休日:
木曜午前・日曜日 ※祭日は予約制

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ