大阪市北区で遠赤外線を併用した鍼灸治療が好評です。

仲 鍼灸院


不妊症治療の講習会に出席してきました。

平成26年12月14日  於、森ノ宮医療学園専門学校 

(公社)大阪府鍼灸師会平成26年度第9回学術講習会に出席しました。

講師は、福島県鍼灸師会副会長、不妊鍼灸ネットワーク副会長、三瓶真一先生で、予定より30分オーバーで実技を含め4時間に及ぶ実に中身の濃い内容で、ずいぶんと勉強になりました。

小生も不妊治療にはそれほど沢山の症例は持っておりませんが、6-7年前にある私立学校の教員で30代後半の女性の不妊治療で、双子を妊娠(1人は残念ながら死産でした)した実績もあり、現在も小生なりの治療方針で頑張っておりますが、今回は実技に十分時間を取ってくださり、これまた「眼から鱗」と言ってもよい実技も披露され、小生の治療方針にプラスになる面がたくさんあり、いい面はどんどんと小生の治療に取り入れて行きたいと思いました。


三瓶真一先生213x160.jpg                   第9回学術160x213.jpg
質疑応答では、小生あつかましくも2度も質問し、納得のいく回答をいただきましたが、後になって、「しまった、あれも質問したら良かった。これも聞きたかった。」と思うことしきり。

また、小生が鍼灸治療の最後の仕上げとして取り組んでいる、西洋医学的見地からの自律神経の調整法(特に、交感神経の過緊張を抑え、副交感神経を興奮させる方法、これは女性の不妊にも効果がある、と、文献にも書かれています。)についても先生の意見を聞きたかったと、今になって思います。

しかし、実に有意義な日曜日の午後でした。三瓶先生、本当にありがとうございました。


不妊治療(1)213x160.jpg            不妊治療(2)213x160.jpg 

ちなみに、小生思うに、一般に「不妊治療」という呼び方がされていますが、この呼び方は不適切で、「妊娠促進治療」とでも呼ぶべきではないでしょうか?
どこかの鍼灸院のHPには「未妊」という言葉を使うべきではないか、ということも書いてありました。
それはそれで間違いではないと思います。         

                                                       
                                                            
                                                                                                                                                                                                                     

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

仲 鍼灸院のご案内

住      所:
〒530-0031大阪市北区菅栄町10-8
アクセス:
地下鉄阪急「天神橋筋六丁目」駅から2分、JR環状線「天満」駅から4分
お問い合わせ・ご予約
06-6352-2513
受付時間:
午前 9:30~12:30 
午後 14:00~19:00(土曜日は17:00まで)
木曜日は午後一時から受付(午前中は休み)
定休日:
木曜午前・日曜日 ※祭日は予約制

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ