大阪市北区で遠赤外線を併用した鍼灸治療が好評です。

仲 鍼灸院


(その3) <頚部交感神経節>

頚部交感神経節(星状神経節)は交感神経の中継所

視床下部からの情報は、第7頸椎もしくは第1胸椎の横突起前面にある頚部交感神経節(「星状神経節」といいます)を中継して頭部、顔面、頚肩部、上肢、胸、背中などに伝えられ、その情報はやがて全身のあらゆる部位に伝えられ、さまざまな影響を及ぼします。

交感神経が適度に緊張しないと身体活動を活発に行うことができません。
sg(1)160x213.jpgしかしながら、この交感神経の働きは身体に対して功罪両面の作用を及ぼします。

たとえば、ストレスなどにより交感神経が過剰に緊張すると上記の部位に影響を及ぼし、同時に全身への血液の供給が十分に行われず、
身体の機能が低下し、身体がだるい、疲れやすい、頭が重い、肩がこる、身体が冷える、食欲が落ちる眠れない、などなど半健康状態になり、いわゆる自律神経失調状態からやがて本格的な病的状態を招くことになります。

前述しましたとおり、交感神経と副交感神経がバランスよく働いてくれると体調よく過ごせるのですが、身体の内外や複雑な現代生活から常にストレスを受ける我々は、常に交感神経の異常興奮にさいなまれます。

ストレス213.gif自律神経活動の基調は、常に副交感神経系であって、生命活動を行う上で交感神経系はむしろ自律神経系にアクセント的な役割を与えるものです。

極端なたとえですが、小生は音楽を趣味としていますが、どんな曲目であれ、曲として成り立たせるためには、曲の途中で必ずどこかでアクセントを入れ強調する部分があります。そのアクセントをすべて極端にやってしまうとなにかアンバランスな仕上がりになってしまいます。それと同じです。

そこで、交感神経の中継所である星状神経節に何らかの刺激を与えて交感神経の過緊張を取り除いて副交感神経の働きを優位にしてやれば、人間が潜在的に持っている能力(自然治癒能力)を高め、さまざまな症状を解決、若しくは緩解するわけです





仲 鍼灸院のご案内

住      所:
〒530-0031大阪市北区菅栄町10-8
アクセス:
地下鉄阪急「天神橋筋六丁目」駅から2分、JR環状線「天満」駅から4分
お問い合わせ・ご予約
06-6352-2513
受付時間:
午前 9:30~12:30 
午後 14:00~19:00(土曜日は17:00まで)
木曜日は午後一時から受付(午前中は休み)
定休日:
木曜午前・日曜日 ※祭日は予約制

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ