大阪市北区で遠赤外線を併用した鍼灸治療が好評です。

仲 鍼灸院


(その1) <自律神経とは?>

仲鍼灸院では東洋医学鍼灸治療、ならびに、遠赤外線療法、その他物療とともに、病状に応じ、当院独自の方法で自律神経の調整を行っております。

ご存知のとおり、人間の身体のあらゆる部位は、常に自律神経(即ち、交感神経と副交感神経)で支配されております。

すなわち、簡単に言えば、交感神経は身体活動を亢進させるように作用し、それに対して、副交感神経はそれを抑制する(リラックスさせる)ように作用します。

交感神経が適度に緊張しないと仕事や運動などの身体活動を活発に行うことができません。しかし、交感神経が緊張しすぎると、体のバランスが乱れて体調が低下し、病的状態を引き起こします。たとえば、ストレスなどにより交感神経が過度に緊張すると、体の機能は低下し、

frownなんとなく体がだるい、 疲れやすい、                

4頑張りたい(1)160x120.jpg

                          2生理痛(1)160x120.jpg

frown頭が重い、 肩や首がこる、       

    frown女性特有の症状で悩んでいる、        1頭痛(1)160x120.jpg 

5更年期?(1)213x160.jpg

          

      frown足元や体が冷えてつらい、

        frown便秘気味で食欲もない、

          frown眠れない、
             frown何もする気がない。

などなど、半健康状態になり、西洋医学的検査では何の異常も見られない、いわゆる「自律神経失調状態」となります。

そこで、交感神経の過度の緊張を緩めることによって、副交感神経を優位に働かせ、さまざまな症状を快方に向かわせます。

 

      

 

 


 

      

 

仲 鍼灸院のご案内

住      所:
〒530-0031大阪市北区菅栄町10-8
アクセス:
地下鉄阪急「天神橋筋六丁目」駅から2分、JR環状線「天満」駅から4分
お問い合わせ・ご予約
06-6352-2513
受付時間:
午前 9:30~12:30 
午後 14:00~19:00(土曜日は17:00まで)
木曜日は午後一時から受付(午前中は休み)
定休日:
木曜午前・日曜日 ※祭日は予約制

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ